シャチハタが必要な場合と印鑑が必要な場合

印鑑は牛の角や木材などを材料として作られ、朱肉を使用します。
それに対してシャチハタはゴムを材料に作られ、顔料インクを使用します。
朱肉を使わなくても手軽に使用できるところがシャチハタのメリットですが、場合によっては印鑑を求められることもあります。
生命保険の契約書や公文書、金融機関に提出する書類などに押印する場合は印鑑が必要です。
シャチハタはゴムで作られているため変形しやすく、顔料インクも紫外線の影響を受けやすいという特徴があります。
一方印鑑は牛の角や木材の他にも金属などの硬い素材を使用して作られるため変形しづらく、また朱肉は耐久性に優れています。
そのためこの2つは用途や状況に応じて使い分ける必要があります。
例えば郵便物を受け取るときに認め印を押すことが求められます。
また会社などのビジネス文書に押印が必要となることもあります。
もちろんビジネス文書の中でも公的な書類や重要な書類には印鑑の押印が必要です。
しかし一般的なビジネス文書の場合には印鑑の押印までは求められないことがほとんどです。
郵便物の受け取りや通常のビジネスなどでは簡単に使用できるシャチハタの方が適しています。

家の傾きでお困りなら専門業者に相談しよう
低価格で丁寧な工事をしてくれるので安心できます

施工場所の事前の清掃も不要なため安心です

松山市でハーレーダビッドソンをカスタムしたいがやり方がわからない
ご予算に応じて細かくレクチャー致しますので、お気軽にお問い合わせください。

機械整備メンテナンスのプロ|千葉県市原市のファインドソリューション
機器の据え付けから整備・補修・撤去まで対応できます。

定期メンテナンスなら機械整備の専門家にお任せ
ポンプ・コンプレッサー・タービンなどきちんと点検させていただきます