シャチハタってどのような印鑑なのか

多くの家庭ではシャチハタ印鑑は、1本は持っていることと思います。
そのくらい一般的な印鑑であります。
では、どのような印鑑のことをシャチハタ印鑑というのかですが、これは主に朱肉のインクを必要としない印鑑のことであります。
通常の印鑑であれば、朱肉のインクとワンセットで使用することになりますが、こちらの印鑑ではすでに朱肉インクが中に入っている状態となっています。
ですから、わざわざ朱肉のインクを使う必要がなく、そのまま押すことができます。
非常に便利なアイテムということもあり、多くの家庭では持っています。
ですが、そうした便利なアイテムではありますが、若干欠点があります。
それは、届出や手続き、大事な契約書に押す印鑑として使用することができません。
宅配や郵便物を受けとる際の認印には使うことができますが、役所などに提出する届出や銀行窓口の手続きなどに押す印鑑としてはシャチハタ印鑑は使用することができません。
つまり、メリットもあればデメリットもある印鑑と言えます。