シャチハタの印鑑のメリットとデメリットを紹介

シャチハタの印鑑は、我々の日常生活では無くてはならない存在ではあります。
それは、メリットが大きいからです。
それは、安く手に入れられて使う機会が頻繁にやってきますので、コストを考えた時にとても効率が良いからであります。
特に認印としてのメリットはかなり高いです。
通常の印鑑は朱肉のインクがないと駄目ですが、シャチハタの印鑑は朱肉のインクが無くても判を押すことができます。
それは、朱肉のインクが予め中に入っているからです。
つまり、利便性が極めて高いということです。
例えば、郵便物が届いた時にそれを受け取る際には認印が必要になります。
その時にこのシャチハタの印鑑を玄関に常においておけば、すぐに認印を押すことができます。
ですが、メリットだけでなくデメリットもありますので、そこの部分は気を付けておきましょう。
デメリットは重要書類や届出書などに押す印鑑としては使用ができないことです。
理由は、シャチハタの印鑑はゴム印で作られていることで変形しやすく、劣化すれば同じ印影とはならないため、信用度が落ちてしまうからです。